年間行事のご案内

神社で行う代表的な行事をご紹介いたします。

1月

初詣

1月1日・2日・3日

初詣

左義長

1月中旬

左義長

年が明けてから初めて神社に参拝することを初詣といいます。氏神さまや、恵方(その年の縁起通いとされる方角) にお祭りされている神社、崇敬する神社などにお参りし、新しい年の平安と無事をお祈りします。
 古くは年籠りといって、大晦日の夜から朝にかけて氏神さまに篭る習わしがあり、
これが初詣の起源と考えられています。

2月

節分

2月3日

節分

節分は立春の前日のことをいい、2月の3日か4日にあたります。
節分とはもともと立春立夏立秋立冬の四季の分かれ目を意味しましたが、特に立春の前日だけを呼ぶようになりました。これは旧暦では立春前の節分が、年の始めの前日に当たることと、季節が冬から春に移る時期に当たることから特別な意味を持っていたからです。
 この日には節分祭が行われ、豆まきが神社や各家庭でおこなわれますが、これは平安時代より宮中で、大晦日に邪気や災厄を祓う行事として行われていた追儺の儀式が起源とされています。
 また、厄年などは立春から始まるとして、現在でも節分に厄除けの神事を行う地方も多く見受けられます。

5月

春季例大祭、鎮火祭

5月14日・15日・16日

春季例大祭、鎮火祭

節分は立春の前日のことをいい、2月の3日か4日にあたります。
節分とはもともと立春立夏立秋立冬の四季の分かれ目を意味しましたが、特に立春の前日だけを呼ぶようになりました。これは旧暦では立春前の節分が、年の始めの前日に当たることと、季節が冬から春に移る時期に当たることから特別な意味を持っていたからです。
 この日には節分祭が行われ、豆まきが神社や各家庭でおこなわれますが、これは平安時代より宮中で、大晦日に邪気や災厄を祓う行事として行われていた追儺の儀式が起源とされています。
 また、厄年などは立春から始まるとして、現在でも節分に厄除けの神事を行う地方も多く見受けられます。

7月

夏越祭

7月15日・16日

夏越祭

福井祇園祭り

7月の第4日曜日

福井祇園祭り

 旧暦6月15日頃を中心に各地で夏祭りが行われます。夏は疫病、害虫、風水害等不安の多い季節で、それは悪霊、疫神のためであると考えられていました。
これらの悪霊を鎮め、災害を除去するために夏祭りが執り行われています。
 平安時代にはこれら悪霊を鎮める神様として、八坂(祇園)、北野(天神)、石清水(八幡)の信仰が京の都でさかんとなり、次第に地方にもひろがってゆきました。
 農村ではこの時期は田植え後の不安な時期でもあり、水神祭や他の年中行事など悪霊、疫神を鎮める諸行事がもともとあり、その信仰と都から流行してきた信仰が習合して行きました。

10月

秋季例祭

10月の第1土曜日・日曜日

秋季例祭

 実りの秋を迎えると、各地の神社では秋祭りが執り行われます。
春のお祭りが、作物の豊作を祈願するお祭りであるのに対して、秋のお祭りは収穫に対する感謝のお祭りといえます。台風や日照り、虫害など人知を超えた自然の悪条件は、科学技術の進んだ現在でも収穫に悪影響を及ぼします。
古来人々はその様な障害を乗り越えて無事収穫を終えたことを、神様のお陰であり、また、農作物そのものを神様の恵みとして、また、苦しい労働に一区切りをつけた事への喜びからも、感謝の念を込めて盛大に秋の祭りを行なってきました。特に農村部では、秋祭りは神社の中心的な祭礼であり、神輿の渡御やお神楽の奉納など、各神社で特色ある諸行事が行なわれています。

11月

七五三祝祭

11月中

七五三祝祭

11月になると、子供たちの無事成長を感謝し、更なる成長を祈って七五三のお参りをする親子連れで、各地の神社が賑わいます。七五三は男の子は3才と5才、女の子は3才と7才の年に行ないますが、これは3才の髪置きの祝い(男女)、5才の袴着(男)、7才の帯解き(女)という子どもの成長に伴う儀礼のなごりだといわれています。 近年、七五三は11月中であれば、日にちにこだわらなくなってきましたが、もともとは15日に行なうものでした。これは、旧暦の11月15日は満月にあたり、秋祭りを行なう日として多く選ばれたためで、その日にこどもたちの成長を合わせて
感謝し、祈ったものが、七五三の始まりだったことによります。

12月

大祓い、除夜祭

12月31日

大祓い、除夜祭

12月31日の大晦日には一年の間に受けた罪穢を祓うために、大晦日(おおつごもり)大祓が執り行われます。